コーティングで効果抜群

最近では窓ガラスに様々なコーティングを施すことが可能になりました。コーティングすることで、紫外線を99%以上カットしたり、夏の暑い光線の原因である赤外線をカットして、冷房の効率をあげるなどの効果が得られます。また、冬場の結露防止にも一役買ってくれます。他にも、表面の硬度を高めることができるため、万が一の時に役立ちます。また、無職透明なもので窓ガラスをコーティングするため、視界や景観を損なわずに施すことが可能です。従来は遮熱フィルムなどが主流であり、小さい子供がいる家庭や、ペットを飼っている家庭などは、引っかかれてキズがつく可能性があったため、使用できない場合がありました。そんな家庭にも使用が可能であり、窓ガラスをコーティングするだけで、快適な暮らしが実現できます。

窓ガラスのコーティング価格は窓の大きさによって違いがあります。大体の相場は、1平方メートル当たり12,000円程度からとなっています。多くの場合、10年程度持つ設計になっていて、10年間保証をつけてくれる会社もあります。従来使用されていた、遮熱シートの寿命は大体、3年から5年程度と短く、その強度は環境に依存するところがあります。また、後付のペアガラスなどは、冬は結露防止などに役立ちますが、紫外線カットや、遮熱効果はほとんどなく、施工の金額も1平方メートル当たり、30,000円からと安くはないのです。それにくらべて、コーティング剤を利用した方法は、コスト面を抑えることができ、長期間効果が持続するため、大変おすすめです。