赤外線の上昇を防ぐ

窓ガラスは殆どの住宅に存在しますよね。ですが、窓ガラスには外の赤外線や紫外線を通しやすいという欠点があります、季節にとってはたいして気にならないかもしれませんが、暑い季節などはとても軽視できない影響を及ぼしてしまう可能性があります。例えば真夏の季節に窓ガラス越しに室内へ侵入してくる赤外線は部屋の温度を上昇させてしまいます。もっとも暑い季節の場合は部屋の室内温度を5℃以上上げることも珍しくないので厄介な存在です。それだけでなく、同時に紫外線も室内に入ってきます。強力な赤外線に長時間当たってしまった場合は将来的にシミができる可能性があがってしまうので要注意ですし、肌が弱い場合は皮膚の病気を発症してしまう可能性があるため危険な存在だといえます。

夏場の赤外線や紫外線が気になる場合は自分で市販されている断熱効果のあるフィルムを購入して貼るのもありですが問題もあります。断熱フィルムには赤外線や紫外線が室内に入るのを食い止める効果はありますが、確かな効果を見込めるフィルムは自動車の窓ガラスに貼るようなスモークの濃い物でないと思いのほか効果がない場合があるので注意が必要です。それなりの効果があったとしてもフィルムを貼ることによって窓の視界が悪くなることがあるため注意が必要です。ですので、専門の業者に依頼して窓ガラスにコーティング剤を塗ってもらうのが無難だといえます。専門業者が利用するコーティング剤は効果の持続期間がおよそ10年以上持続して、コーティングを施すことによってガラス窓から入ってくる赤外線と紫外線を9割以上防ぐことも可能なので、窓ガラスにコーティング剤を塗ってもらえば夏場でも室内が快適な環境になります。